私が開業したわけ

もともと、体の仕組みや,病気や苦痛に対する治療に興味がありました。
、人とのふれあいも好きで、人から喜ばれることを職業にしたいと思い
看護師の免許を取得。
10数年の看護師生活、結婚し、3人の子供を一生懸命育てた。
良妻賢母目指して、長子が小学生になる頃に
看護師という職を離れ専業主婦になった。
それから授かった4人目の子供まさかの小児がん。
闘病生活から得たもの・・・頑張りすぎて体がゴリゴリ、心もボロボロ
深い悲しみ、当たり前が当たり前でない不安、些細な出来事も、
ものすごく気になり始めた。原因不明の体調不良に悩まされる日々、
そこでマッサージなどを受けるようになった。しかし体の痛みは繰り返す…
闘病生活がしばらく落ち着くと、また原因不明の体調不良に悩まされるようになった。
そんな時に出会った足もみ健康法。足を揉むことで症状が緩和されていった。
すぐに足もみの専門家としての資格取得。
ただ長女が高校受験する頃になると肉体的には元気でも、
不安な心がさらに不安を呼び、動機や不眠、肩こりや偏頭痛なんとも言えない焦燥感
腸内環境の乱れ、ついにはおきあがれなくなり、
自律神経のバランスを崩してしまうことになった。
自分の心がパンク寸前、パニック障害などを引き起こしかねない状態まで
心身ともに疲れ果てていた。
そんな時に出会った意識医学。自分自身が治りたい。
自分自身が健康な人生を送りたい。
自分の体と心にしっかり向き合い、そして自分を解放してこそ・・・
健康を手に入れられる事を身をもって実感した。
そして意識療法士の資格を取得するに至った。
看護師で培ったもの・・・足もみをして辛い症状緩和できたこと・・・
多くの患者さんが肉体的な痛みだけでなく
精神的や社会的にも問題を抱えていることを知り、
統合的な治療が必要だと気づき、意識医学を提供できたら、
きっと辛い痛みや苦しみから救える人も多いはず。
そして病気の子供を持つ母親として、4人の子育てをする母親として、
妻として、女性として、今悩み苦しんでる人達の
ほんの少しでも手助けになればと思い開院しました。
一人一人とのご縁を大切に。日々精進していきたいと思っ思っています。
お読みいただきありがとうございました

RETURN TOP